Stable Diffusionにおすすめのグラボは?

Stable Diffusionにおすすめのグラボは?

Stable Diffusionの性能を最大限に引き出すためには、適切なグラボ(GPU)の選択が不可欠です。

この記事では、Stable Diffusionを利用する際におすすめのグラボについて詳しく解説します。

推奨スペックやメーカーの選び方、VRAM容量、コスパなど、最適なグラボを選ぶためのポイントを説明していきます。

目次

Stable Diffusionを利用する際のPC推奨スペック

光のイメージの見出し画像

Stable Diffusionを快適に利用するためには、以下の要件を満たすPCが推奨されます。

  • Windows OS の64bit
  • VRAM容量が12GB以上のGPU
  • Core i5~Core i7、Ryzen 5~7のCPU
  • 16GB以上のメモリ
  • 512GB以上のストレージ

グラボのVRAM容量は特に重要で、12GB以上あることが望ましいと言われていますが、12GBでは満足に使用するのが難しいという声も増えているため、16GB以上のものを用意することをおすすめします。

Stable Diffusion用グラボの選び方

閃きの見出し画像

Stable Diffusion用グラボを選ぶ際にチェックしたいポイントを挙げてみます。

メーカー

Stable Diffusionを利用する際には、NVIDIA社のRTXシリーズのグラボがおすすめです。

NVIDIAは高い効率性を持ち、Stable Diffusionに最適化されているため、優れたパフォーマンスを発揮します。

特に、RTXシリーズなら高速な画像生成が可能です。

VRAM容量

Stable Diffusionを利用する上で、グラボのVRAM容量は非常に重要な要素です。

VRAMとは、グラボが画像データを処理する際に使用する専用のメモリのことで、容量が大きいほどより高解像度の画像を生成したり、複雑なモデルを使用したりすることができます。

16GB以上あれば満足のいく結果は得られる可能性は高いものの、プロフェッショナルな用途や、高解像度の画像生成を必要とする場合は、できるだけ大容量VRAMを搭載したグラボを検討することをおすすめします。

価格

当然のことながら、グラボの性能が高ければ高いほど価格も上がる傾向にあります。

Stable Diffusionのような高度な画像生成AIには、高性能なグラボが必要不可欠ですが、同時にコストも上がることを考慮する必要があります。

Stable Diffusionにおすすめのグラボ

注意を促す見出し画像

2024年6月時点でStable Diffusionにおすすめのグラボをご紹介します。

ニーズや予算に合ったものを選んでみてください。

注:ここでおすすめする単体のグラボは、グラボの増設や買い替えに関する知識をお持ちの方が対象です。

Stable Diffusion初心者におすすめのグラボ

まずはStable Diffusionを使ってみたいという初心者におすすめのグラボです。

趣味で画像生成AIを使用するには十分ですし、多くのオンラインゲームも支障なくプレイできるでしょう。

グラフィックRAMサイズ16 GB
ビデオ出力インターフェイスDisplayPort×3, HDMI
GPUクロック速度2.63GHz

Stable Diffusion用にコスパ重視のおすすめグラボ

NVIDIA GeForce RTX 4060 Tiは、ミッドレンジのゲーミングおよびクリエイティブ向けグラボで、最新のNVIDIA Ada Lovelaceアーキテクチャを採用しています。

グラフィックRAMサイズ16 GB
ビデオ出力インターフェイスDisplayPort×3, HDMI
GPUクロック速度2.6GHz

Stable Diffusionを本格的に使用したい方におすすめのグラボ

NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti Superは、最新のAI技術に対応している構成のグラボで、ゲーマーやクリエイティブプロフェッショナルにおすすめです。

グラフィックRAMサイズ16 GB
ビデオ出力インターフェイスDisplayPort×3, HDMI
GPUクロック速度2.61GHz

写真を見て一目瞭然のように、RTX A4000は、従来のRTXシリーズグラボと比較しても大変薄型です。

消費電力が少ないこともあり、業務用としても人気が高いグラボですが、価格は高額です。

グラフィックRAMサイズ16 GB
ビデオ出力インターフェイスDisplayPort, HDMI
GPUクロック速度1.56 GHz

Stable Diffusionはグラボなしでも使える?

Stable Diffusionにおすすめのグラボを紹介しましたが、グラボなしでは使えないの?と気になっている方に朗報です。

実際のところ、推奨スペックにもあるように、Stable Diffusionは16GBほどのVRAMメモリが必要となるため、グラボなしでは動作が保証されません。

ただ、現在はクラウドGPUと呼ばれる仕組みを利用して、あたかも自分のPCに搭載されているかのように使えるグラボが存在します。

ぜひこうしたクラウドGPUを活用してStable Diffusionを快適に操作できるようにしましょう。

GPUSOROBAN

GPUSOROBAN

GPUSOROBANは、高性能なGPU「NVIDIA A4000 16GB」を業界最安値の1時間50円で使用することができます。

さらに、クラウドGPUを利用しない時は停止にしておくことで、停止中の料金はかかりません。

クラウドGPUを使えばいつでもStable Diffusionの性能をフルに引き出すことができるので、理想の環境に近づけることができます。

\快適に生成AI!1時間50円~/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
EdgeHUB編集部からのお知らせ

無料ウェビナーのお知らせ

ソフトバンクSarashinaウェビナー

日本語LLM「Sarashina」& OCR機能「Phi-3 Vision」の 無料オンラインウェビナー!

開催日時:
2024年7月24日(水) 14:00~15:00

内容:

  • 「Sarashina」や「Phi-3 Vision」の概要と使い方の紹介
  • 生成AI開発の強い味方「GPUSOROBAN」の活用方法

このウェビナーでは、ソフトバンクの日本語の強いの大規模言語モデル「Sarashina」の使い方や、実際にどのように使えるかを具体的に紹介します。

また、画像からテキストを抽出するOCR機能を簡単に作成できる「Phi-3 Vision」の使い方もデモを交えてお見せします。

生成AIに関心のある方、AI技術をビジネスに活かしたい方は、ぜひこの貴重な機会にご参加ください!

こんな方におすすめ!

  • 最新のAI技術やトレンドに興味がある方
  • AI開発に携わっている方
  • 生成AIの実用的な活用方法を学びたい方
  • 新しいツールや技術を積極的に取り入れたい方

\参加申し込みはこちら!/

この記事を書いた人

EdgeHUBは、NVIDIAクラウドパートナーである株式会社ハイレゾが運営しています。「AIと共にある未来へ繋ぐ」をテーマに、画像生成AI、文章生成AI、動画生成AI、機械学習・LLM、Stable Diffusionなど、最先端の生成AI技術の使い方をわかりやすく紹介します。

目次