生成AIとは?驚きの能力とその魅力を簡単にわかりやすく解説!

生成AIとは?驚きの能力とその魅力を簡単にわかりやすく解説!

生成AI(Generative AI、ジェネレーティブAI)とは、ChatGPTをはじめとする文章や画像、音楽や動画などを作り出すことができるAIのことです。

この記事では、プログラミングの知識がない方でも安心して読めるように、生成AIについて簡単にわかりやすく解説していきます。

目次

生成AIの定義とは?

使い方イメージの見出し画像

AIとは、人工知能のことでコンピュータが人間のように思考したり、学習したりする能力を持つ技術です。

その中で、生成AIとは創造性を持つAIの総称です。

従来のAIはパターンを学習して、予測や分類を行うようなものが主流でした。

例えば、将棋やチェスのゲームで使われるAIのようなイメージです。

しかし、2022年11月30日にChatGPTがリリースされ、AIのイメージが大きく変わりました。

ChatGPTは、まるで人間のような自然な受け答え、テーマに基づいた物語の創作に加え、文章の要約やプログラミングの作成など多岐にわたる生成を行うことができるのです。

ChatGPT以後も、画像生成、音楽の作成、動画生成など、さまざまな生成AIが登場しています。

まとめると、生成AIとは「0から1を生み出す」創造性を持ったAIであると言えます。

生成AIの仕組みとは

ディープラーニングイメージの見出し画像

生成AIは、主にディープラーニングと呼ばれる技術をベースにしています。

ディープラーニングとは、簡単にいうと人間の脳の仕組みを模倣したプログラミング技術です。

人間の脳が学習するのと同じように、AIに文章や画像などの学習データを与えると、AIが自動的に学習を進めてくれます。

例えば、さまざまな種類の犬の写真をAIに学習させることで、AIが「犬」というものを学習します。

その学習結果を活用して、生成AIは新しい文章や画像、音楽、動画などのコンテンツを生成することができるのです。

生成AIとChatGPTの違いとは

画像生成AIのイメージ

多くの人が「生成AI」と聞くと、ChatGPTを思い浮かべるのではないでしょうか。

これは、ChatGPTの登場が生成AIという言葉を広く普及させたためです。

それだけ、ChatGPTの登場は私たちに大きなインパクトを与えました。

生成AIは創造性を持った人工知能で、文章、画像、音楽、動画などさまざまなコンテンツを生成することができます。

その中で、ChatGPTは主にテキスト生成に特化した生成AIの一種です。

生成AIの種類

文章生成AIのイメージ

生成AIには、文章、画像、動画、音楽などそれぞれの得意分野があります。

ここでは、生成AIの種類について紹介していきます。

文章生成AI

文章生成AIとは、新しいテキストを自動的に作成することに特化した生成AIです。

主な機能には、ニュース記事の作成、会話の応答、メールの文章作成、物語の執筆、翻訳、内容の要約などがあります。

有名な文章生成AIには、ChatGPTやGemini(旧:Google Bard)、Bing AIなどがあります。

画像生成AI

画像生成AIとは、新しい画像を自動的に作成することに特化した生成AIです。

主な機能は、キャラクターや背景、ファッションのデザイン、アバター風に変換などがあり、多岐にわたる用途に活用されています。

有名な画像生成AIには、Stable Diffusion、Midjourney、Adobe Fireflyなどがあります。

動画生成AI

動画生成AIとは、新しい動画を自動的に作成することに特化した生成AIです。

主な機能には、映画やアニメーションの作成、広告やプロモーションビデオの作成などがあり、多岐にわたる用途に活用されています。

有名な動画生成AIには、GliaCloud、Runway、Synthesiaなどがあります。

2024年2月15日にOpenAI社が「Sora」という動画生成AIを発表しました。

この動画生成AIは、従来のものに比べて生成できる動画のクオリティが非常に高く、注目を集めています。

2024年3月現在、まだ一般に向けてリリースされていませんが、「Sora」が動画生成AI界の新星となることは間違いなしです。

音楽生成AI

音楽生成AIとは、新しい音楽を自動的に作成することに特化した生成AIです。

主な機能には、歌詞からの作曲、アレンジ、伴奏の生成、BGMの作成などがあります。

有名な音楽生成AIには、Suno、AIVA、SOUNDRAWなどがあります。

生成AIを活用した新たな時代に突入!

生成AIは、創造性を持ち、文章、画像、動画、音楽などを新しく作成できます。

この技術の登場で、今まで手作業で行っていた部分をAIに任せるということも増えてきました。

画像生成などを自身のパソコンでおこなう場合には、高性能なパソコンが必要になりますが、すぐに用意できない方は1時間50円から借りられるGPUクラウドサービスがおすすめです。

GPUSOROBAN
https://soroban.highreso.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
EdgeHUB編集部からのお知らせ

無料ウェビナーのお知らせ

ソフトバンクSarashinaウェビナー

日本語LLM「Sarashina」& OCR機能「Phi-3 Vision」の 無料オンラインウェビナー!

開催日時:
2024年7月24日(水) 14:00~15:00

内容:

  • 「Sarashina」や「Phi-3 Vision」の概要と使い方の紹介
  • 生成AI開発の強い味方「GPUSOROBAN」の活用方法

このウェビナーでは、ソフトバンクの日本語の強いの大規模言語モデル「Sarashina」の使い方や、実際にどのように使えるかを具体的に紹介します。

また、画像からテキストを抽出するOCR機能を簡単に作成できる「Phi-3 Vision」の使い方もデモを交えてお見せします。

生成AIに関心のある方、AI技術をビジネスに活かしたい方は、ぜひこの貴重な機会にご参加ください!

こんな方におすすめ!

  • 最新のAI技術やトレンドに興味がある方
  • AI開発に携わっている方
  • 生成AIの実用的な活用方法を学びたい方
  • 新しいツールや技術を積極的に取り入れたい方

\参加申し込みはこちら!/

この記事を書いた人

EdgeHUBは、NVIDIAクラウドパートナーである株式会社ハイレゾが運営しています。「AIと共にある未来へ繋ぐ」をテーマに、画像生成AI、文章生成AI、動画生成AI、機械学習・LLM、Stable Diffusionなど、最先端の生成AI技術の使い方をわかりやすく紹介します。

目次