無料文章作成AI厳選7!おすすめサイトやアプリをご紹介

無料文章作成AI厳選7!おすすめサイトやアプリをご紹介

AIを使っての文章作成は、ChatGPTなどの出現により急速に発展し様々な場面や仕事で活用されるようになってきています。

何から始めていいのか分からない人や数あるサービスの中からどれを利用するか悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

この記事では、文章作成AIツールを使用するメリットやデメリットについて解説しながら、実際に使用されている文章作成AIのサービスを比較して解説していきます。

7/24開催のウェビナーをお知らせ!

目次

文章作成AIのメリット

未来を感じさせる見出し画像

AIを使って文章作成をすることで様々なメリットが生まれます。

ここでは、大きく3つのメリットについて解説します。

効率化を図ることができる

文章作成AIにおける最大のメリットはコスト面や品質、時間などを含めた全てにおける効率化です。

ライターが長時間もかけて行うリサーチ、構成、校正などの工程をAIは数分で完了してしまいます。

表現のばらつきや品質も一定に担保される上に、繰り返しの試行もできるので、量産も可能となります。

アイデアの創出

AI文章作成ツールは、既存の情報だけでなく膨大なデータからアイデアや求めるヒントを出すことができます。

人間の感覚では思いつかないような考え方や観点を見つけられ、予期しない新しいコンテンツや結果を生み出す可能性を秘めているのです。

ジャンルを問わない

AI文章作成ツールは、作成する文章のジャンルを問いません。

単純に文章を作るだけではなく、プログラミングのコード生成、長文の要約、キャッチコピーの創出、音声データの文字起こしなど、様々な用途で活用することができるのです。

文章作成AIのデメリット

未来が暗い見出し画像

一方で文章作成AIを使用する、デメリットについても確認しておきましょう。

事実と異なる内容もある

学習データが少ないジャンルの場合は特に、不正確な内容や事実と異なる情報が含まれる場合があります。

文章作成AIの利用は、あくまで補助的な役割とし、最終的には信頼できる情報を元に自身でしっかり確認が必要です。

著作権侵害のリスク

文章作成AIに学習させるデータが他人のコンテンツである場合、類似データが生成されるリスクがあります。

AIが作成した文章をそのまま利用すると、著作権侵害の問題が生じる可能性があります。

このようなリスクを避けるためには、自身で情報を確認して内容を再構成するか、適切な引用元を明記するなどして対策する必要があります。

おすすめの無料文章作成AI

文章生成AIのイメージ

ここでは、無料で使える文章作成AIサービスを厳選しました。

各サービスの特徴を参考にしながら、自分に合ったサイトやアプリを利用してみてください。

どのAIを使おうか悩んでいる方には、ChatGPTを含め、一度に6つの文章生成AIを試せる天秤AIもおすすめです。

ChatGPT

chatGPT
(出典:chat.openai.com)

「ChatGPT」は、OpenAI社が開発・提供しているサービスで、2022年11月にリリースされて以降、わずか2か月でユーザー数1億人を突破し、革新的なサービスとして大きな注目を集めました。

質問に回答する会話ベースの利用が特徴で、無料版は「GPT-3.5」というバージョンで、テキスト作成や会話、質疑応答など多くの機能が利用できます。

一方、有料プランでは最新モデル「GPT-4」を利用することができ、画像生成、リクエスト数の上限変更、混雑時にアクセスが優遇されるなどの特典があります。

使用方法ブラウザ アプリ
日本語
料金体系無料版
有料版:
【Web】月額20ドル
【iOS】月額3,000円
【Android】月額2,860円
公式サイトhttps://chat.openai.com/auth/login
(2024年2月の情報)

Gemini(旧Google Bard)

Gemini
(出典:gemini.google.com)

Gemini(旧Google Bard)は、Googleが提供している人工知能モデルを使った対話型AIサービスです。

このサービスは、テキストだけでなく画像、動画、音声も理解することができます。

Geminiの特徴は、Google検索から最新情報へのアクセスが可能で、リアルタイム性の高い質問に対する回答に強いところです。

また、Gmail、Googleドライブ、Google Docs、Googleマップ、YouTubeなどのGoogleのツールと連携して、メールの送受信のヒントやドキュメントの情報を検索するなど、さまざまな使い方が可能です。

2023年3月にリリースされ、2024年2月8日にサービス名がGoogle Bardから「Gemini」(ジェミニ)に変更されました。

Geminiの有料版「Gemini Advanced」では、上位モデル「Gemini Ultra 1.0」を利用でき、ストレージの拡張やGoogleドキュメントなどの作成・構成などのGeminiのサポートが受けられるなどの特典が付きます。

スマホアプリでGeminiを利用したい場合、Androidでは「Geminiアプリ」を、iOSでは「Googleアプリ」をインストールして利用できます。

使用方法ブラウザ、アプリ
日本語
料金体系無料版
有料版:2ヶ月間の無料トライアルあり
月額2,900円
公式サイトhttps://gemini.google.com/?hl=ja
(2024年2月の情報)

Bing AI

Bing AI
(出典:www.bing.com)

「Bing AI」は、Microsoftの検索エンジンBingに、OpenAI社が開発しているエンジン「GPT-4」を搭載したAIツールです。

「Bing AI」の特徴は、ユーザーが入力した情報に基づいてWeb上にある最新情報を検索しながらAIが的確に回答してくれるところです。

これにより、従来の検索にかかっていた時間が大幅に節約できます。

検索エンジン以外にも、画像生成、文章の作成、執筆などさまざまな機能があります。

すべての機能が無料で利用できますが、テキストで質問できる回数は1日あたり300回までと上限が決められています。

使用方法ブラウザ「Microsoft Edge」・Bingアプリ
日本語
料金体系無料
サイトhttps://www.bing.com/
(2024年2月の情報)

Claude3

Claude3
(出典:www.anthropic.com)

Claude3は、Anthropic社がリリースした文章生成AIサービス「Claude」の最新バージョンです。

主に、対話型の会話アシスタントとして機能しますが、それ以外にも様々なタスクを幅広く処理することができます。

現在は、「Opus」「Sonnet」「Haiku」3種類のモデルが公開されています。

現在Web利用できる無料版は「Sonnet」で、Claude Proにアップグレードすると最高性能の「Opus」が利用できるようになります。

開発者向けAPI版は全てのモデルが利用可能で、使ったトークン分だけ課金する従量課金システムになっています。

使用方法ブラウザ
日本語
料金体系無料版
有料版:
【Claude Pro】月額20ドル(税別)
【API利用】従量課金
サイトhttps://www.anthropic.com/news/claude-3-family
(2024年3月の情報)

Catchy

Catchy
(出典:lp.ai-copywriter.jp)

「Catchy(キャッチ―)」は、OpenAI社が開発・提供しているエンジン「GPT-3」を利用して展開している文章作成アシスタントツールです。

「Catchy」の特徴は、文章作成に特化しており、記事作成、リライト、キャッチコピーの生成などをまとめて行うことが可能です。

日本発のサービスである「Catchy」は、スタイルやテンプレートが使いやすく初めての方にも安心です。

料金体系はクレジットを消費するシステムで、無料プランは毎月10クレジットが付与され、これを使って様々な機能を利用することができます。

使用方法ブラウザ
日本語
料金体系無料
有料版:月額2,900円~9,800円
公式サイトhttps://lp.ai-copywriter.jp/
(2024年2月の情報)

Notion AI

Notion AI
(出典:notion.so)

Notion AIは、文章作成やタスク管理ができるドキュメントツール「Notion」に実装されたAIツールです。

Notionは、文書作成、表計算、スライド作成などをまとめて管理できる人気ツールです。

Notion AIを活用することで、文章の要約や翻訳、営業メールやSNS投稿文の作成、プログラミングの下書きなど、様々な業務を効率化し、生産性を向上させることができます。

Notion AIは、すべての機能を20回まで無料で利用できます。

その後は、Notion全体プランかNotion AIだけを利用する有料プランに登録することで継続利用が可能となります。

使用方法ブラウザ
日本語
料金体系無料版:20回まで
有料版:
【Notion AIプラン】月額10ドル
【Notion全体プラン】月額20ドル~28ドル
公式サイトhttps://www.notion.so/ja-jp/product/ai
(2024年2月の情報)

PlayAI(ぷれあい)

PlayAI(ぷれあい)
(出典:playai.nu)

PlayAI(ぷれあい)は、2019年9月にリリースされた文章生成AIツールです。

PlayAIは、ユーザーが入力した文章の分析を行い、その続きとなる新しい文章を作成する機能を持っています。

PlayAIが作成する文章は、偶発性と創造性があり、新しい切り口での発見や話題のヒントを得ることができます。

さらに、作成を繰り返し行うことで、文章の練度が上がっていく学習要素も含まれています。

PlayAIはAIライティングを無料で体験することができる上、作成した作品を公開できるソーシャル機能を楽しむこともできます。

使用方法ブラウザ
日本語
料金体系無料
公式サイトhttps://playai.nu/
(2024年2月の情報)

文章作成AIを活用するならクラウドGPUがおすすめ

無料文章作成AIツールは、近年ChatGPTを始めとして数多く登場しています。

まだAIツールを使ったことがない人にとって、文章作成AIツールは良いきっかけになのではないでしょうか。

ぜひ無料でその機能を体験してみてください。

より深くAIを体験したい方は、圧倒的な計算力でAIプログラムを実行できるGPUクラウドサービスの導入がおすすめです。

GPUSOROBAN
https://soroban.highreso.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
EdgeHUB編集部からのお知らせ

無料ウェビナーのお知らせ

ソフトバンクSarashinaウェビナー

日本語LLM「Sarashina」& OCR機能「Phi-3 Vision」の 無料オンラインウェビナー!

開催日時:
2024年7月24日(水) 14:00~15:00

内容:

  • 「Sarashina」や「Phi-3 Vision」の概要と使い方の紹介
  • 生成AI開発の強い味方「GPUSOROBAN」の活用方法

このウェビナーでは、ソフトバンクの日本語の強いの大規模言語モデル「Sarashina」の使い方や、実際にどのように使えるかを具体的に紹介します。

また、画像からテキストを抽出するOCR機能を簡単に作成できる「Phi-3 Vision」の使い方もデモを交えてお見せします。

生成AIに関心のある方、AI技術をビジネスに活かしたい方は、ぜひこの貴重な機会にご参加ください!

こんな方におすすめ!

  • 最新のAI技術やトレンドに興味がある方
  • AI開発に携わっている方
  • 生成AIの実用的な活用方法を学びたい方
  • 新しいツールや技術を積極的に取り入れたい方

\参加申し込みはこちら!/

この記事を書いた人

EdgeHUBは、NVIDIAクラウドパートナーである株式会社ハイレゾが運営しています。「AIと共にある未来へ繋ぐ」をテーマに、画像生成AI、文章生成AI、動画生成AI、機械学習・LLM、Stable Diffusionなど、最先端の生成AI技術の使い方をわかりやすく紹介します。

目次