株式会社ハイレゾがシリーズAラウンドにて3.3億円の資金調達を実施。

〜第2GPU専用データセンターの開設、人員強化・サービス開発を促進し、成長を加速〜

株式会社ハイレゾ(代表取締役:志倉喜幸、本社:東京都港区元赤坂1-1-8 赤坂コミュニティビル5F、以下「ハイレゾ」)は、シリーズAラウンドとして東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社、北陸電力株式会社、株式会社シフラ、株式会社神宮館を引受先とした第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。現在予定している金融機関からの融資等と合わせると総額約10億円の資金調達になります。
【URL】https://highreso.jp

■資金調達の目的
今回調達した資金は、石川県志賀町に第2GPU専用データセンターを開設するとともに、事業成長を加速するため、人材採用、サービスの開発・改善、マーケティング投資を積極的に行ってまいります。また、資金調達と併せて、東京理科大学と次世代データセンターに関する協議を進めています。 演算力の供給国内No.1企業を目指して参ります。

■第2GPU専用データセンターの主なポイント
・NVIDIA社、AMD社、両社のGPUを設置します。設置数は最大20,000枚を予定しています。
・演算力を必要とする企業、学術研究機関、個人の全てに対して、競合他社と比較して競争力のあるサービス内容と価格をご提供します。
・第2GPU専用データセンターは2022年1月頃に開設予定です。
・第1GPU専用データセンターでは5名を現地採用しました。第2GPU専用データセンターでは約15名の雇用を予定しています。

■ハイレゾのGPU事業について
 ハイレゾは、「テクノロジーを活用した持続性のある社会基盤の形成」をビジョンとしてかかげ、日本最大級のGPU専用データセンターの構築運営、IaaSモデルにてGPUによる演算力の提供等を展開しています。2016年から開始したGPU事業は、2021年2月1日現在、GPU枚数延2万枚以上の設置・稼働実績を誇ります。また2019年8月、石川県志賀町にGPU専用データセンターを開設し、同センターではNVIDIA社、AMD社のGPUを揃え、現在所有するGPU枚数は約6,000枚になります。

■演算力市場の現状
GPUによる演算力は、AI、IoT、CAE、自動運転、VR/AR等の技術開発・サービス促進に欠かすことができないものであり、“次世代技術の血液”と言われています。 演算力に対する需要は、今後より一層増加すると予想されています。

■引受先からのコメント
東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社(https://tusic.co.jp/)
代表取締役 片寄 裕市 氏、 高田 久徳 氏
東京理科大学ベンチャーファンド(TUSIC投資事業有限責任組合)は、先進的技術の開発及びサービスを提供する企業への投資・支援活動を通じて、社会の健全な発展に寄与することを目的としています。
GPU市場がAI・IoT 等のサービス開発による演算力ニーズに牽引され急速に拡大する中、ハイレゾ社の事業展開ならびに技術開発を支援することにより、強固な競争優位性を持つと確信できたことが今回の資本参加に至った大きな理由です。演算力の供給で社会の持続可能な発展に貢献するビジネスモデルの構築と地域経済を牽引するIT プラットフォームとして成長することを期待しています。

北陸電力株式会社(http://www.rikuden.co.jp/)
取締役常務執行役員 平田 亙 氏
北陸電力グループでは、2030長期ビジョンにおいて「北陸と共に発展し、新たな価値を全国・海外へ」を将来のありたい姿として掲げております。
石川県志賀町に工場立地し、成長性の高いGPU事業を展開するハイレゾ社への出資を通じて、雇用創出などの地域の課題解決を支援し、北陸の発展に貢献していきたいと考えております。

株式会社シフラ(https://www.cifra.co.jp/)
代表取締役 竹熊 俊哉 氏
弊社は、安心安全な食の実現を目指して、農業から食品にかかる、様々な事業を日本と中国で展開しております。
農業は日本の食の基盤ですが、演算処理能力は、これからの日本の産業に必須の基盤になるもの。先端のITテクノロジーは、農や食の世界にも関わってきます。そのことを踏まえ、また、ハイレゾ社の掲げられる理念に深く共感し、ともに日本に欠くべからざる企業に成長していきたいと思っております。

株式会社神宮館(https://jingukan.co.jp/)
代表取締役社長 木村 通子 氏
弊社は、皆様の幸せの指針となります「暦」を出版しており、110余年の歴史がある出版社です。
日本人の奥深くにある素晴らしい特性である、常に相手を思いやる、慮る気持を表すための一つの道具であるよう、今後も幸せの指針である「暦」を、より見やすく充実させ、多くの方に手に取っていただけますよう努力をする所存です。
AIやディープラーニング等により、GPU市場の更なる拡大が見込まれています。これまでのハイレゾ社の日本におけるGPU事業の実績を評価すると共に、更なる成長を期待致します。

■会社概要
会社名:株式会社ハイレゾ
代表者:代表取締役 志倉 喜幸
設立:2007年12月12日
資本金:382百万円(資本準備金含む)
所在地:東京都港区元赤坂1-1-8 赤坂コミュニティビル5F
事業内容:GPU事業、広告事業
コーポレートサイト:https://highreso.jp
サービスサイト:https://gpu-advance.highreso.jp/
【本件、当社に関するお問い合わせ】
contact@highreso.jp

NVIDIA社とのCSP契約をCloud/IaaS分野における国内第1号企業として締結しました。

2020年11⽉26⽇(木)、GPUコンピューティングにおける世界的なリーディングカンパニーであるNVIDIA社が展開するパートナープログラム 「Cloud Service Provider Compute 契約」を国内企業として初めて締結しました。

This image has an empty alt attribute; its file name is 2d7af378-2885-480b-a71c-fcd311e3eab6

弊社は、以前よりクラウドGPUサービス「HIGHRESO GPU ADVANCE(ハイレゾGPUアドバンス)」を手掛けています。今回の契約締結により、弊社の運営しているデータセンターから最新のNVIDIA GPU搭載マシンをIaaS利用でご提供が可能になります。

NVIDIA社のGPUコンピューティング プラットフォームは、AIやHPCのワークロードを加速すると同時に、高いスループットと低消費電力を可能にするため、幅広い分野で活用されています。また同社が提供するNVIDIA GPUに最適化されたソフトウェアツールにより開発者は様々な領域におけるアプリケーションの構築および加速が可能になります。

ハイレゾは、日本最大規模のGPU専用データセンターを運営しています。同データセンターは、日本国内では例が少ないコンテナオーケストレーション技術の積極活用、GPUサーバの安定稼働を念頭に入れた土地の選定、地域社会との協調等により効率的な運営を行っています。結果、大幅なコスト削減を実現し、お手ごろ価格でクラウドGPUサービスを提供しています。

NVIDIA社の最先端のGPUコンピューティング プラットフォームとハイレゾの高い技術力が実現したクラウドGPUサービスによって、日本のAI技術や並列計算技術の研究と応用に貢献して参ります。

【Highreso GPU Advance(ハイレゾGPUアドバンス、以下「HGA」)について】
HGAを運営するハイレゾは、もともとゲームグラフィックのシステム開発から創業した学⽣ベンチャー企業です。2016年から開始したGPU事業が躍進し、 2019年8⽉に⽯川県志賀町において、GPU枚数5000枚以上を保有する⾃社データセンターを開設するに⾄りました。2020年12⽉現在、 ⽇本最⼤級となるGPU枚数2万枚以上の設置・稼働実績を誇ります。 (※他社データセンターへの設置を含む)

【CSP契約とは】
Cloud Service Provider契約の略称で、NVIDIAのデータセンター向けGPUのリソースをクラウドサービスとして提供可能とするための契約です。

【商標について】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

AMD GPUタイプのインスタンスでもTensorFlow 1.x系が使用できるようになりました!

HGAのAMD社製GPUを積んだGPUサーバに対しTensorFlow1.15が動作するよう対応しました。

Highreso GPU Advance(HGA, https://gpu-advance.highreso.jp/)インスタンスご利用者の方で、インスタンスタイプがAMD GPU系(amd1dl, amd2dl, amd3dl)の方必見です!

AMD社製GPUを搭載したインスタンスでもTensorFlow 1.x系の使用が可能になりました。

TensorFlowに関しては、1系と2系の差異が著しく、1系のまま使い続けたいと考える方も多いと思います。今回のGPUサーバの改修ではそのような方を対象にTensorFlow 1.15をAMD社製GPU上でも動作させることができるよう改修しました。

使い方は インスタンスにログインしconda env listでconda環境一覧を確認します。
「tensorflow115_py36」がTensorFlow1.15が使用できる環境となるのでconda activate tensorflow115_py36で環境を切り替えます(下図)。

以上でTensorFlow1.15がAMD GPUタイプのインスタンスでも使用可能になりました。

AMD製のGPUを特定のライブラリに対応させる速さと技術力は、同業の他社様に対しても抜きん出ていると自負しております。パワフルなGPUコンピューティングパワーで駆動する1系のTensorFlowをぜひご自身で体験してください。

2020年9月24日(木)よりV100S構成サーバーの提供を開始

2020年9⽉24⽇(木)より、PREMIUM PLAN内で、NVIDIA Tesla V100S(以下「 NVIDIA V100S」 ) を1枚搭載するGPUサーバーの提供を開始します。

NVIDIA V100

NVIDIA® V100(以下NVIDIA V100) は、AI、HPC、およびグラフィックスを高速化するために構築された最先端のデータ センター GPU です。NVIDIA Volta アーキテクチャで構築され、1 つの GPU で 100 CPU 分の性能を提供します。混合精度のテンソル処理を特長としたNVIDIA  TurningTM Tensorコア(以下Tensorコア)を640 個も搭載した V100 は、ディープラーニング性能で 100 TFlopsの壁を突破した世界初の GPU です。
今回新たに提供されるNVIDIA V100Sは、以前のNVIDIA V100-PCIe 32GBと同じ数のTensorコアを搭載。消費電力はV100と同じままに、単精度浮動小数点演算性能は14TFlopsから16.4TFlopsへと大きく向上。メモリバンド帯域幅も最大 900GB/s から最大 1134GB/s へと拡大。AI、HPC、グラフィックス処理能力のさらなる向上を実現しました。PREMIUM PLAN内でのマシン名はnvd3-1となります。PREMIUM PLAN nvd3-1の仕様並びに価格は以下の通りです。

PREMIUM PLAN nvd3-1詳細
■  仕様
GPU:NVIDIA V100S
GPU枚数 :1
vCPU:15
NVIDIA Turing™ Tensor コア数 :640
CUDA コア数 :5,120
単精度浮動小数点演算性能:16.4TFlops
倍精度浮動小数点演算性能:8.2TFlops
GPUメモリ:32GB
メモリ:125GB

■  価格
従量課金:320円(税抜)/h・台
月額利用(縛りなし):125,000円(税抜)
月額利用(2年契約) :106,000円(税抜)
※上記料⾦には、電気代、インスタンス代、ディスク代、ネットワーク回線代が全て含まれており、お得にご利⽤いただけます。

2020年9月7日(月)よりGPUサーバー利用料割引となるフィードバック&レビューキャンペーン第二弾開始!

IaaS型クラウドGPUサーバーサービス「HIGHRESO GPU ADVANCE」(以下、HGA)にて、フィードバック&レビューキャンペーン第二弾を2020年9月7日(月)より開始します。

HGAでは、2020年9月1日(火)より提供環境を更新。新たに、PyTorch1.6環境を導入いたしました。ついては、PyTorch導入を記念して、また、より多くのお客様の声をお聞かせいただくため、 2020年9⽉7⽇(⽉)から、ご利用の感想をお送りくださった会員様を対象に、フィードバック&レビューキャンペーン第二弾を開始する運びとなりました。
キャンペーン詳細については、以下の通りです。

<キャンペーン期間>
2020年9月7日(月)〜2020年12月25日(金)

<キャンペーン対象>
HGA会員様限定キャンペーンとなります。

適用条件は、キャンペーンごとに異なります。キャンペーンの兼用は可能です。
HGAの登録は無料です。また、初回インスタンス作成から3日間は無料で全サーバーご利用いただけます。まずは、無料の新規登録をお願いいたします。
新規登録はこちら: https://gpu-console.highreso.jp/auth/register
                                                        
<フィードバックキャンペーン>
まずはユーザー管理画面にて仮想インスタンスを作成の上、HGAで提供しているGPUサーバーをご利用ください。その後、HGA公式Webサイトのお問い合わせフォーム(https://gpu-advance.highreso.jp/wp/)または、 ユーザー管理画面内お問い合わせ より、「フィードバックキャンペーン適用希望」とご明記の上、ご利用の感想やご要望の機能を400文字以上で投稿してください。

内容をHGA運営スタッフにて確認次第、HGA利用料金に充当できる500円分のクーポン番号をご登録メールアドレス宛に送信いたします。

<レビューキャンペーン>
実際にご利⽤された⽅法や会員様が構築された環境について、お持ちのブログやQiitaなど情報共有サービス内で紹介いただいた場合、あるいは、当サイト内で紹介する記事をご作成いただいた場合に対象となります。

ブログ記事などでご紹介いただく場合
必ずHGA公式Webサイトトップ(https://gpu-advance.highreso.jp/)へのリンクを、記事内に貼り付けした上で投稿をお願いいたします。
また記事の文字数は、1500文字以上でお願いいたします。
記事作成後、 当サイト内お問い合わせ フォーム(https://gpu-advance.highreso.jp/wp/) または、 ユーザー管理画面内お問い合わせから、「レビューキャンペーン適用希望」とご明記の上、投稿された記事のURL並びにHGAに登録されているお客様氏名およびメールアドレスをお知らせください。

記事内容をHGA運営スタッフにて確認次第、 HGA利用料金に充当できる3000円分のクーポン番号をご登録メールアドレス宛に送信いたします。
なお、記事内容によっては、適用対象外となりますこと、あらかじめご了承くださいませ。

▼公式Webサイト内で掲載する記事提供の場合▼
※ブログサイトや情報共有プラットフォームアカウントなどをお持ちでない会員様が対象です。
HGA公式Webサイト内お問い合わせフォーム(https://gpu-advance.highreso.jp/wp/)または、ユーザー管理画面内お問い合わせから、「レビューキャンペーン適用希望」並びに 「HGA記事内容提供」 とご明記の上、 HGAに登録されているお客様氏名およびメールアドレスをお知らせください。
後日HGA運営スタッフより、掲載内容のご返信依頼をHGAに登録されているメールアドレス宛に送信いたします。作成された記事を添付し、メールにご返信をお願いいたします。添付するファイル形式は、ワードファイルまたはPDFファイルでお願いいたします。記事の文字数は1500文字以上でお願いいたします。
頂戴した記事を弊社にて校正し、当サイト内で公開いたします。

記事公開時点でキャンペーン適用となり、 HGA利用料金に充当できる3000円分のクーポン番号をご登録メールアドレス宛に送信いたします。

2020年7月30日(木)より、GPUクラウドサービス「HIGHRESO GPU ADVANCE」にて「PREMIUM PLAN」を提供開始

2020年7月30日(木)より、PREMIUM PLANの提供を開始します。PREMIUM PLANは、AI・ディープラーニング開発や各種シミュレーションや解析に最適な様々なハイエンドGPUサーバーを提供するプランです。

NVIDIA GPU

2020年7月30日のプラン提供開始時には、NVIDIA T4の4枚差しGPUサーバーをご提供します。HGAでNVIDIAのデータセンター利用GPUサーバーを提供するのは今回が初となります。


NVIDIA T4 は、NVIDIA®  CUDA® (以下CUDA) のプログラマビリティを維持しながら、画像分類、物体検出、自然言語理解、自動音声認識、レコメンダ システムなどの AI ベースのアプリケーションにおいて最高のパフォーマンスを実現しています。混合精度のテンソル処理を特徴としたNVIDIA Turing™ Tensor コアが搭載されており、これがNVIDIA の最適化されたソフトウェア スタックと組み合わされると、比類なき性能が大規模に発揮されるようになります。

既存のSTANDARD PLANやLIGHT PLANからは、CPU、マザーボードなどGPU以外のサーバーパーツも一新。プラン内でのマシン名はnvd2となります。
PREMIUM PLAN nvd2の仕様並びに価格は以下の通りです。

PREMIUM PLAN nvd2詳細
■仕様
GPU:NVIDIA T4
GPU枚数:4
vCPU:47
TURING TENSORコア数 :1,280 
NVIDIA CUDA® コア数 :10,240
単精度演算性能:32.4TFlops
半精度演算性能:260TFlops
GPUメモリ:64GiB
メモリ:185GiB

■価格
従量課金:390円(税抜)/h・台
月額利用(縛りなし):17.5万円(税抜)
月額利用(2年契約) :15.5万円(税抜)
料金には、電気代、インスタンス代、ディスク代、ネットワーク回線代が全て含まれており、お得にご利用いただけます。

2020年7月20日(月)よりNICT総合テストベッド活用研究会にHIGHRESO GPU ADVANCE(HGA)を提供開始

2020年7月20日(月)よりNICT総合テストベッド活用研究会(略称:活用研究会)の会員様向けに、HGAの2週間無料利用提供を開始いたします。

GPU

NICT総合テストベッド活用研究会とは?

活用研究会(会長:河口信夫 名古屋大学教授)は、スマートIoT推進フォーラム技術戦略検討部会テストベッド分科会の下、NICT総合テストベッドの利活用を促進することを目的として設置された研究会です。
ハイレゾは、2020年6月より活用研究会に入会。NICT総合テストベッドの利用環境検討の一助になりたりと、HGAを通してのコンピューティングパワー提供開始に至りました。

提供内容概要

対象: テストベッド活用研究会会員様
ご提供内容:インスタンス作成時点から2週間の全プラン無料利用
ご利用方法:NICT総合テストベッド活用研究会に入会の上、会員限定URLより新規会員登録する
※NICT総合テストベッド活用研究会への入会については、以下をご覧ください。
NICT総合テストベッド活用研究会:https://testbed.nict.go.jp/bunkakai/ict-tb_katsuyou.html

HGAプラン詳細

HGAは、多⽬的に使える⾼機能で低価格なIaaS(Infrastracture as a Service)型のクラウドGPUサービスです。

7月末までは無料利用キャンペーンを実施しております。
テストベッド活用研究会会員様が7月中に新規会員登録しご利用開始した場合、2週間の無料期間は8月1日より自動的に適用になります。
無料期間経過後は、HGA一般会員様と同じ料金にて、作成したインスタンスをそのまま継続してご利用いただけます。

2週間の間、全プラン無料開放となり、HGAでレンタル可能な*GPUサーバー全台ご利用可能です。HGAのプラン並びに提供サーバーについては、以下をご覧ください。
*HGAで提供しているGPUサーバーの貸し出しになりますので、ご利用状況によっては、利用できない機体がございます。

STANDARD PLAN

amd1
vCPU:1
GPU:Radeon RX Vega 56
GPUメモリ:32GiB
メモリ:15GiB

amd2
vCPU:15
GPU:Radeon RX Vega 56
GPUメモリ:32GiB
メモリ:125GiB

amd3
vCPU:5
GPU:Radeon RX Vega 56
GPUメモリ:32GiB
メモリ:30GiB

LIGHT PLAN

・nvd1
vCPU:1
GPU:NVIDIA P102-100
GPUメモリ:5GiB

HGAの詳細情報は下記にてご確認ください。
HGA公式サイト:
https://gpu-advance.highreso.jp/index.html

ACADEMIC PLAN(完全学術研究利用)

上記Iaas型プランとは別に学術研究機関向けのACADEMIC PLANのご用意もあります。
初期費用が0円~で圧倒的低価格のベアメタルサーバーとなっております。
テストベッド活用研究会会員様限定の無料期間終了後も継続してご利用をお考えの方には、ACADEMIC PLANへの申込みを推薦しています。

※ACADEMIC PLANのご利用には審査が必要です。
ご利用希望の方は以下よりお問い合わせください。
HGAお問い合わせフォーム:
https://gpu-advance.highreso.jp/wp/